全ての山は下るために在る!?

ロードバイクだけがスポーツサイクルではない! でも、スポーツとしては乗りたくない。 純粋に、楽しめればそれでいいんちゃう?

煮込み料理って面倒ですよね。
だからといってレトルトなんて具が入ってないしで、手軽に作ることにしました。
材料は、業務冷凍玉ねぎと肉、デミグラスソースのルーです。
IMG_20200923_185507
IMG_20200923_185647
IMG_20200923_185715
IMG_20200923_193013
IMG_20200923_193353
もう、写真の通りです。
説明、要らないですよね。
フライパンに材料入れて火に掛け、シャワーを浴びてる間に火を通します。
出来上がりまで15分位かな?
これなら、毎日でも作れます。
業務スーパーって便利ですよね、生の冷凍玉ねぎもあるし、飴色になるまで炒めた玉ねぎもありますから、カレーも同様に作れるんじゃないでしょうか?

業務スーパーで見つけた、バーベキューソース。
IMG_20200923_185803
IMG_20200923_185809
入荷する度に買い占めています。
甘口ですが、スモーキーフレーバーが効いていて癖になります。
かけて美味しいのは、揚げ物、安肉ステーキ。
高級和牛には合いません。
お値段はそれほど安くは無いけど、200円でお釣りが出ます。

IMG_20200921_161351
カッコだけのディープリム。
某、リムメーカーに居たことあるので、リムの作り方は一通り見てます。
リムの素材は、最初は真っ直ぐで、ぐるぐるとコイル状に曲げてパンチで切って溶接します。
これの真っ直ぐな素材があっても、曲げれる気がしません。
ニップルはリム内周にあるので、カバーでは無いようです。
左右別々のプレスで溶接でしょうか?
徹底的にけちった構成ですのでここにコストが掛けれる筈ありません。

今朝の目覚めの前の夢は、何か柔らかいものに顔を埋め、尻には何故か針が突き立てられていた。
痛みで目が覚めた。
尻をさするが何ともない。
埋めていた所はとてもいい場所だったような気がする。
いい場所の記憶は曖昧だ。
しかし、尻は何故かジンジンしている。
気のせいかも知れんが…

そんな目覚めの昼食は、
IMG_20200919_153516
いつものとんかつ。
何の脈絡もありません。
今日の午前中は、ハードディスクのクローンを作ってました。
IMG_20200919_104505
代替セクタが出来たので大急ぎです。
無事、成功しました。

今日は三ヶ月に一度の診察日。
朝、早くに家を出て受付30分前に着いた。
予約なのでカードで診察券をだして最初の検査の受付に出しておく。
こんな時間でも8番目でした。
時間もあるのでコンビニコーヒー買って飲みながら近所を流れる道頓堀川を覗き込む。
IMG_20200912_081919
鯉がうようよしてました。
結局、早く来たけど終わったのは昼前。
いつものように、JR 難波上の犇屋で胸肉唐揚げを買って食べながら日本橋を目指す。
日本橋でSSDとデュプリケーターを買うとガラガラ抽選で割引券が当たったので、
IMG_20200912_124602
中古のHDD も買う。
後は、昼食。
食ったのは、いつもの中華屋。
IMG_20200912_131649
Aセット、750円也。

敦賀で思った事は、新幹線の被害がもうすぐおしよせてくると言うこと。
駅の裏手で工事してたのはそれだろう。
KIMG0340
新幹線の通った地方都市は、衰退する様に思う。
PICT0343
元々、通ってた幹線が、三セクに変わり利便性が大きく損なわれる。
どこもそうなってきたのに、諸手を挙げて賛成する。
経済効果がどうとか言うが、自分に入ってくるわけでもない。
賛成派に言いくるめられてるだけだ。
懐に入るのは、工事を受注した業者と既得権者だけだろう。
賛成に荷担したフツーの人に残るのは自治体の借金によるサービス低下だろう。
これ以上、新幹線は延びて欲しく無い。
米原に繋がろうが京都に繋がろうが、大回り出来なくなるからね。

等と大きく脱線したが、第三ラウンド、始まり始まり~。
KIMG0344
敦賀を出て次に目指すのは、彦根。
KIMG0349
KIMG0346
KIMG0347
ここで、人生初の『鮒寿司』を買う。KIMG0352
帰ってきてから食べたけど、完全に食わず嫌いだったと痛感した。
KIMG0398
これほど旨いものはなかなか無いと思う。
かなり、おすすめです。
でも、合う合わんがあるので、例えると、『酒盗』が旨いと感じる人は旨いと感じられると思います。
実際、買うときはかなりビビりました。
「初めての人でも食べれますか?」って聞くぐらいです。
で、反ってきた答えが「ブルーチーズみたいな~…」的でした。
でも、あれとはぜんぜん違います。
人によっては臭いと感じる薫り、一切れで結構、残ります。
この薫りで、もう一口、いけます。
合う酒は甘口大吟醸とか高めの白ワインですね。
醤油を垂らせば、ご飯にも合いますよ。
あー、書いてて腹へってきた、急いで帰ろう。

鮒寿司だけで、結構、書いたが、彦根を出て次に目指すのは膳所。
KIMG0357
ここから京阪に乗り換えて山科まで行きます。
KIMG0361
この区間は、地下鉄にも、路面にも乗り入れる鉄道としては最も勾配のキツいところ。
曲線半径もパネェです。
KIMG0382
一番、前に座ると、軽くジェットコースター気分になれます。

山科に着いて、琵琶湖疎水が見たい‼と思いましたが、だいぶ暗くなってきたので、今回は断念。
次回に繰越します。
山科からまた、JRに乗って大阪を目指します。
気分的には京都から奈良線で木津、放出、久宝寺、天王寺を目指そうかと思いましたが、疲れていたので止めて、すんなり新快速で帰りました。

武庫川源流探検の次は時間もあるので行ったこと無い所を目指します。
新快速で行ける最遠、敦賀にします。
先ずは尼崎に戻ります。
KIMG0315
うまい具合に快速に乗れたんですが、乗る前に用を足してない。
車内で催して来ますが高々、一時間の我慢。
大した事無い。
しかし、福知山線クラスのローカル線だったら、全列車に付いててほしいですよね。
尼崎に着いて目的を果たし、待ち時間で飲食物を買い込みます。
私はお酒は飲まないので至って健全な旅客だと思います。KIMG0316
KIMG0317
でも、このご時世、食事中は誰も近寄って来ませんね。
ボックスシートに一人掛け。
ビビり過ぎでしょう?
そうこうしてるうちに、対面にカップルが座ってべちゃくちゃ喋りだします、マスクも無くです。
男性の方は電話し始めるし、あからさまに嫌な顔をしました。
すると、湖西線に入って空き出すと向こうから離れて行きました。KIMG0323
KIMG0326
そろそろ、乗り疲れたという頃、近江塩津に着きます。
ここから、北陸線になります。
例のループ線を通ります。
が、下りには無いんですね。
そうこうしてるうちに敦賀、到着。
ハッキリ言って、何にも無いです。
KIMG0328KIMG0330
KIMG0331
KIMG0332
土産物屋は閉まってるし、人も居ないし。KIMG0336
戻る列車も時間があるので、昼食と土産を買いました。KIMG0337
KIMG0338
土産と言っても、自分にお土産です。
帰ってから消費するものです。
『へしこ』を買いました。
これも、たぶん、ご飯の進む逸品だと思います。
後は、次の目的地を目指して第三ラウンド突入です。

武庫川源流探検の次は時間もあるので行ったこと無い所を目指します。
新快速で行ける最遠、敦賀にします。
先ずは尼崎に戻ります。
うまい具合に快速に乗れたんですが、乗る前に用を足してない。
車内で催して来ますが高々、一時間の我慢。
大した事無い。
しかし、福知山線クラスのローカル線だったら、全列車に付いててほしいですよね。
尼崎に着いて目的を果たし、待ち時間で飲食物を買い込みます。
私はお酒は飲まないので至って健全な旅客だと思います。
でも、このご時世、食事中は誰も近寄って来ませんね。
ボックスシートに一人掛け。
ビビり過ぎでしょう?
そうこうしてるうちに、対面にカップルが座ってべちゃくちゃ喋りだします、マスクも無くです。
男性の方は電話し始めるし、あからさまに嫌な顔をしました。
すると、湖西線に入って空き出すと向こうから離れて行きました。
そろそろ、乗り疲れたという頃、近江塩津に着きます。
ここから、北陸線になります。
例のループ線を通ります。
が、下りには無いんですね。
そうこうしてるうちに敦賀、到着。
ハッキリ言って、何にも無いです。
土産物屋は閉まってるし、人も居ないし。
戻る列車も時間があるので、昼食と土産を買いました。
土産と言っても、自分にお土産です。
帰ってから消費するものです。
『へしこ』を買いました。
これも、たぶん、ご飯の進む逸品だと思います。
後は、次の目的地を目指して第三ラウンド突入です。

武庫川は上流に田松川という運河がつながっていてそこに加古川水系にと武庫川水系を分ける分水界がある。
地図ではここです。
実際に、そこが水源ではなくここを含む流域を水門で仕切って両方向に流れを作っているみたいです。
GoogleMapでもそれがうかがえます。
でも、いくら地図で見ても、「分水界とは何ぞや?」の疑問は消えませんので、実際に見に行きました。
先日買った18きっぷで向かいました。
福知山線で行きます。
途中、車窓からは武庫川の渓谷を眺められます。
KIMG0215
KIMG0218
KIMG0222
KIMG0223
一時間ほどで篠山口に着きます。
KIMG0229
駅から、東へ向かい田松川へ行きます。
KIMG0230
KIMG0231
この場所の田松川。
KIMG0233
KIMG0234
ここから北に向かいます。
ほんの数十メートルで加古川水系に行く水を堰き止める水門があります。
KIMG0237
KIMG0238
KIMG0239
KIMG0240
KIMG0241
この水門から滲み出した水が加古川水系へ流れていきます。
KIMG0242
実際は、加古川水系の支流の源流となっているようです。
ここから数キロメートル北に流れて篠山川に合流します。
篠山川はさらに西へ流れて加古川に合流します。
これで、分水界の仕組みはわかったはずですが、武庫川水系へ流れ出る場所も見てみたいってことで、ここから南へ向かいます。
地図では、この辺りの風景。
KIMG0246
KIMG0247
KIMG0248
KIMG0249
KIMG0250
地図には記されてない水路からの流れ込みが水源となっているようです。
生き物の気配は濃く、上から眺めるだけで気配を感じられます。
田圃からの排水で栄養分が豊かなのでしょう。
透明度は低いです。
さらに進んでいきます。
KIMG0251
KIMG0252
KIMG0253
KIMG0254
KIMG0256
すると水門が見えてきます。
KIMG0261
KIMG0262
KIMG0263
ここが、武庫川の源流の水源の一つになっています。
水門には水位差があり、水は堰き止められているので、写真に写る横からの水が実際の源流になっているみたいです。
KIMG0267
KIMG0268
この水を遡る方向を見ると、
KIMG0271

KIMG0273
西の山や田圃からの排水が水源のようです。
これで、武庫川の源流の水源の一つが判明しました。
実際に見に行くもんですね。
地図だけで、知ったかするより、現地を見て納得して知識欲が収まります。
で、次は、武庫川の始まりの場所へ向かいます。
鉄道駅、一区間分ありますが、引き返して列車待つのも面倒なのでそのまま進んでいきます。
暫くは特筆すべきところはないので、垂れ流します。
KIMG0275
KIMG0276
KIMG0277
KIMG0278
KIMG0281
KIMG0283
KIMG0284
KIMG0285
所々、水門で仕切って水位を上げて、農業用水として使われているようです。
武庫川の始まりが見えてきました。
KIMG0287
この付近の流れはこんなんです。
KIMG0288
小川程度の流れです。
写真、真ん中よりに立つ物が武庫川の始まりを記しています。
KIMG0289
護岸の向こう側から始まっているようです。
KIMG0291
これが、武庫川の源流です。
KIMG0296
わずか、一駅、歩いただけですが、猛烈な日差しと暑さで着ているものはぐしょぐしょに濡れてしまいました。
汗拭きのタオルもびっちょりです。
ここから列車に乗るのが憚られる気持ちになりましたが、幸い、匂いはしません。
自動改札もない駅員もいない駅で、
KIMG0306
カメラに向かって、「18きっぷやで~」とジェスチャーして改札を通ります。
時間はこの時、10時ぐらい、18きっぷを堪能するために第二ラウンドに突入します。

これでどこにいこう?
IMG_20200826_175524
一日分だが3900円もした。
普通乗車券で片道2000円以上か?
大阪から網干でトントン。
敦賀まで新快速で行けたよな?
日本海を目指すのもありか?
でも、行きたい予定は、篠山口にある、武庫川の源流と、篠山川との分水嶺。
一旦、そっち行って、加古川に行き、新快速で敦賀、米原、草津、柘植、木津、桜井、和歌山、大阪っと、寄り道できる大回りみたいだな。


↑このページのトップヘ